マインドフルネスとは

「今、ここに意識を向け心を整え本来の自分を取り戻すこと」

あなたの意識は、変えられない「過去」とまだ見ぬ「未来」の間をさまよっていませんか。本当に大切にしなければならないはずの「今、この瞬間」に集中できていないのが私たち人間です。しかしトレーニングによって、「今、この瞬間」に意識を止め、心おだやかに全てを見守る状態(マインドフルネス)に戻ることができます。

科学的エビデンスがある

仏教の瞑想として長く実践されたきたマインドフルネスですが、脳科学の進歩によって、集中力、洞察力、ストレス耐性、感情制御、深い思いやりなどが高まる脳の変容が確かめられた結果、Googleをはじめとする、ハイスピード&ハードワークの中で常に創造性を求められている多くの企業で導入されています。

トレーニングで高められる

マインドフルネスは、トレーニングによってつくり出すことができます。今この習慣の「呼吸」や「動作」や「身体」などに意識を向けることで、意識を止めるトレーニングを行います。

呼吸瞑想

呼吸に意識を向けることで、心を「今、ここ、この瞬間」に止める、最も有名なマインドフルネス・トレーニングです。

食べる瞑想

一口一口、食べ物を見て、匂い、感触や味をしっかり感じることに意識を向けるマインドフルネス・トレーニングです。

歩く瞑想

呼吸を意識し、足の裏と大地とのつながりを感じながら歩くマインドフルネス・トレーニングです。